労災保険特別加入 労働保険事務組合 静岡SR経営労務センター  
「労働保険」とは、「労災保険」と「雇用保険」の総称をいいます。
労働者が、業務上または通勤途上に負傷したり、病気にかかったり、
あるいは、不幸にも死亡された場合に、被災労働者や遺族を保護するために必要な給付を行います。
労働者が失業したり、勤めを続けることができなくなったりした場合に、労働者の生活を守り、再就職が
一日でも早くできるように、必要な給付を行います。
保険給付は別々に行われていますが、保険料の徴収などは『労働保険料』として、原則的に両保険料を一体のものとして取り扱われています。

労働者を一人でも雇っていれば、その事業主は『労働保険』の加入手続きを行い、労働保険料を納付しなければなりません。
事業主の委託を受けて、「労働保険」(労災保険と雇用保険)の事務手続きを処理する厚生労働大臣の許可を受けた団体です。

「労働保険事務組合」の許可を受けている団体には、
主に、商工会議所・商工会・事業共同組合・社会保険労務士事務所などの団体があります。